本文へジャンプ
小児・成人
 虫歯が多く再発に悩んでいる人。これまでに治療した虫歯の数と虫歯が原因で抜歯した歯の数、および未処置の虫歯の数を合計したものが6本以上ある人。または、虫歯リスク検査の結果、MS菌数レベルの高い場合。
[とくに除菌治療が必要な人]

除菌療法は歯の表面の細菌をすべて取り除くことを目的としていません。歯の表面を覆っているバイオフィルム(細菌の作る膜)の中からミュータンス連鎖球菌(MS菌)だけを取り除き、MS菌をできるだけ長い時間歯の表面から遠ざけることを目的としています。そしてMS菌を含まないバイオフィルムの形成を誘導するのです。 新しいバイオフィルムを作るためには、一度古いバイオフィルムを歯の表面から取り除きます。そのためには、PMTC(専門的な歯のクリーニング)と抗菌剤を使います。新しいバイオフィルムの中にMS菌が含まれないようにするためには、フッ素を歯の表面につけてMS菌の力を弱めます。そうすることで新しく形成されえるバイオフィルムの中にはMS菌が含まれなくなります。

[除菌療法]
これ以上虫歯に悩まされないために
               除菌治療
       3DS
(Dental Drug Delivery System)
虫歯評価と予防の
        新しいシステム
小児をもつ母親
 生後19ヶ月〜31ヶ月の小児の小児をもつ母親で虫歯感染のハイリスクであることが疑われる場合。少なくとも唾液検査を行う必要がある。
虫歯のできやすい人・出来にくい人

 出来やすい人はいくら治療をしてもその後から次々とできます。それは虫歯に対するリスクが高い場合に起こります。そのリスクを除去していくことで虫歯の出来にくい口腔内環境を作ることができます。では、何をすれば出来にくくなるのでしょうか。

そのためには
   →普段の生活のハブラシを徹底する
   →フッ素を取りこみ歯質強化をする

などありますが徹底的な方法が3DSという口腔内の虫歯原性菌(ミュータンスレンサ菌:MS菌)の除菌治療です。
矯正治療の予定者
 矯正装置を装着すると口腔衛生が不十分になりやすいので、治療開始する前に唾液検査をして虫歯リスクを調べておく必要がある。
[とくに除菌治療が必要な人]
本文へジャンプ

ベン図形型図表

   う蝕原性菌
ミュータンスレンサ菌
小児・成人
 虫歯が多く再発に悩んでいる人。これまでに治療した虫歯の数と虫歯が原因で抜歯した歯の数、および未処置の虫歯の数を合計したものが6本以上ある人。または、虫歯リスク検査の結果、MS菌数レベルの高い場合。
3DSでアタック!
歯を守る力
唾液分泌量
唾液緩衝能
バイオフィルム
MS菌だけでなく様々な菌がネバネバにより集団を作り歯の表面にできた膜。除去するのに歯磨きでは簡単に落ちない。抗生物質もデンタルリンスも効果はない。
P・M・T・C
専門家が機械的に歯面についた、プラーク・バイオフィルム・汚れを専用の器具を使って、歯の表面からそれらをとり、フッ素などを効果的に使用し個人のリスクを考えて予防管理をしていくこと。
食生活習慣
   食物
→
虫歯リスク検査
@ミュータンス菌の菌数レベルを20分で測定
A唾液分泌量測定(5分)
B唾液緩衝能(混合後待ち時間なく測定)
母子感染について
虫歯を作る菌(MS菌)は新生児の口腔内には存在しません。乳歯が生え始める時期に周囲の大人(とくに母親)から感染すると言われています。その時が19ヶ月〜31ヶ月の間とされていて食べ物の口移しやスプーンなどを通して感染します。感染したMS菌は生涯、口腔内で常在菌として住み続け、いくら清掃しても一時的にしか除去することができません。ブラッシング後も数時間すると元の状態戻ります。母親が虫歯菌をたくさん持っている場合は、子供への感染によって一生その子供の虫歯菌比率として定着します。ご自分の口腔内細菌数を調べてみる必要があります。菌が多い場合は除菌治療を受け、子供に余計なプレゼントをしないように注意する責任があります。
時間
3つの条件が重なりあうところが虫歯のできるゾーン
STEP1:ドラッグリテーナーのための印象採得
STEP2:P・M・T・C
STEP3:
ドラッグリテーナーによる除菌
STEP4:フッ素塗布
            ▼
   お家で1週間1日1回5分間フッ素
            ▼
    MS菌のいないお口に大変身!