本文へジャンプ
ひと言
歯磨き
  歯の健康を保つには、まずハミガキの習慣を見直してみましょう。
  一日にハミガキに費やす時間はどのぐらいですか?
  ハミガキの意味は口の中をきれいに保つということが基本ですね。
  歯の2大疾患といわれる虫歯も歯周病も感染病のひとつで、細菌の数の減少により
  予防することが可能です。
  そのほかの要因もいくつかありますが、まず自分でできることから始めましょう。
  
  虫歯になってしまった歯はもう元の状態には戻りません。
  われわれは穴のあいてしまったところにモノを詰めて修復するしかないのです。
  歯周病も急速に骨の吸収が進んでしまっては全くの健康な状態まで治癒するまでには
  大変な時間と患者さん自身の徹底したハミガキが重要です。
  まずは失われたものを取り戻すよりも、失わないようにすることが先決です。
  そのためにはハミガキをしてください。
  >ハミガキはどのぐらいしていますか?
  >>1日3回食後にハミガキをしています。
  >1回にどのぐらい時間をかけていますか?
  >>2・3分ぐらいです。
  本当に2・3分で28本(親不知を含めて32本)の歯を磨ききることはできるのでしょうか?
  ハミガキのプロ歯科衛生士さんでもそれはかなり難しいことと思います。
  歯を磨くというのは歯の表面を磨くということ、歯ぐきをマッサージすること、
  細菌の層プラークを取り除くこと、舌を磨くことなど様々な用途があります。
  歯科医院に行くといろいろなテクニックを教わることでしょう。
  もちろん指導を受けたやり方が患者さん個人の口腔内にあった磨き方だと思います。
  しかし最初のうちはなかなかうまくハブラシを使えなかったりするので
  1日1回でいいので長〜い時間をかけて磨いてみてください。
  長い時間とは??2・3分から考えて10分?15分?20分が限度!!となるかもしれません。
  1時間やるつもりで特に夜寝る前のハミガキをしっかりやってください。
  だんだん慣れてくれば時間は短縮されます。(とは言っても2・3分までのテクニックは
  難しいですけどね。)
  しっかりとは力を入れてギシギシ磨くことではないですよ。
  力を入れて磨いても汚れは落ちません。ソフトタッチで長〜い時間です。
  ハブラシ自体にも個人の好みがあるようで、硬いブラシでないと磨いた気がしない
  という方がいます。
  歯は硬いですが歯茎は柔らかいです。やはり適度なものを選択して使用することを
  お勧めします。
  とくに硬いハブラシを使ってる人ほどハブラシが花開いていたりします。
  どれだけ力を加えているのか・・・!?
  ソフトタッチもわかりにくいと思うので目安としては花開かない程度の力です。
  花開かずしてどれだけ長い期間ハブラシを使うことができるか。
  これを読んだ日だけでも1時間やってみてください。
  歯磨き粉をつけるとアワアワになってしまって1時間出来ないのでつけない方がいいですね。
  
  歯の疾患は失われているのになかなか自覚症状が現れない事も多いので
  「もう何年も歯医者に行ってません。」
  という方は一度口の中の状態をチェックされた方がいいと思います。
  失われたものを早い段階で修復・治癒させ、それからハブラシなどによる予防法を身につけ、
  一生自分の歯で食事ができる口腔内環境を整えましょう。
  
本文へジャンプ