本文へジャンプ
歯のホワイトニングとは
 歯の着色は、先天性のもの、薬物、損傷によるもの、日常の磨き残しや食生活、加齢の影響など様々な原因で起こります。過酸化物による歯の漂白は歯に内在する有機成分を分解漂白して歯の構造や歯質を変えずに安全に歯を白くします。 
 ホワイトニングは歯科医院で行う高濃度のジェルを使用するオフィスホワイトニングと自宅で行う低濃度ジェルによるホームホワイトニングがあります。
白い歯できれいな口元
ホワイトニングであなたのイメージアップを

ホームホワイトニング
Tooth Whotening
本文へジャンプ
高濃度ですが、中性(pH7)のため、歯に優しく、歯質を痛めません。歯肉を保護して歯面にジェルを塗り、光をあてて待ます。即効性で、その場で確認できる白さになります。1回のアポイントで完了します。エナメル質が薄いケースですと、白さが顕著に出ない場合もあります。その時はホームホワイトニングと併用します。また、期間短縮にもなります。強度の変色歯には向きません。
濃度の低いジェルをカスタムトレーに入れ長時間歯面にあてて漂白します。薬効は8〜10時間の持続効果があるため、夜間就寝時に行います。昼間でも最低5時間付けていられる場合にはその間でも構いません。当院使用のジェルは大変粘調度が高い為、ジェルはトレーの外に漏れずにしっかり歯面についているので2〜3日で効果が出始めます。通常毎日行い、2〜3週間で完了します。着色が濃い場合には日数が増えますが歯に対するダメージはありません。薬剤による強度の変色歯にも効果絶大。
オフィスホワイトニング